FXの約定はどういう意味?決済との違いや仕組みについて解説

FXの約定の意味

FXをやっていると約定決済といった言葉が出てきますよね。

約定すると自動的に口座に利益が入る・・・と思っている人も多いのではないでしょうか?

実は、私もそう思っていました!

では、約定の意味と、決済との違いや仕組みについて解説していきます。

目次

FXの約定の意味

約定とは、注文が正式に成立することです。

一度約定してしまうと、取り消しはできませんので注意してくださいね。

他には「フィル」「執行済み注文」とも呼ばれます。

しかし、条件がそろっていない場合は、注文が約定されないこともあります。

どんな条件が必要なのでしょうか?

約定ができる条件

では、どんな時に約定ができるのか、条件を確認しましょう。

まずは、下記のチェック項目を全て満たす必要があります。

  • 市場に十分な取引量があること
  • 売買する人がいること
  • 取引の期限がまだ来ていないこと
  • 市場時間内の取引であること

さらに、取引の種類によって、約定方法は変わってきます。

  • 成行注文 ・・・ 注文発注時の最適な値(可能な限り)
  • 指値注文 ・・・ トレーダーが指定した値

それぞれの注文の条件が満たされていないと、約定されません。

約定されなかった注文は、未約定となるか、注文が失効してしまいます。

確実に約定できるように、それぞれの注文の条件を確認しておきましょう。

通常は、注文後問題なければ約定されますが、相場の値動きが変動しているときは少し注意が必要です。

レートが注文の値とずれてしまったり、約定できない場合があります。

注文の値がずれる・約定ができない時とは

では、注文の値がずれたり、約定できない時はどんな原因があるのでしょうか。

スリッページ(注文の値がずれる)とは

まず、注文の値がずれるのは成行注文のときです。

私たちは取引の時、通常PCで画面を見ながら行います。

この画面に映っている「リアルタイムレート」は、FX会社が約定を行う時のレートです。

私達が注文ボタンを押して、約定がおこなわれる一瞬の間に為替レートが更新されると、注文時の値と約定の値がずれてしまうのです。

この現象はスリッページと呼びます。

約定拒否(約定できない)とは

約定ができないことを、約定拒否リジェクトと呼びます。

具体的には次のような時に、約定拒否が起きます。

  • 相場が急激に変動して注文と為替レートの間に差が生まれてしまった時
  • ニューヨーククローズの間際等、取引の流動性が低下してしまっている時

相場が急激に変動を起こすと、正しい位置の処理が困難となってしまい、約定拒否の原因となります。

反対に、取引の流動性が低下すると、売買が行われずに約定拒否の原因となるのです。

約定拒否がおきた時は、画面にこのような表示がされてしまいます。

せっかくの注文が不利になってしまい悔しい思いをすることもありますが、反対に約定拒否にたすけられるなんてこともあります。

FX会社によっては、こういったスリッページや約定拒否が起きにくいことを売りにしているところもありますよ。

約定日とは

FX取引は、売る人買う人の売買契約があって成立します。

そして、注文が無事に執行されて、売買取引が成立した日のことを「約定日」といいます。

約定と決済の違いについて

では、約定と決済にはどのような違いがあるのでしょうか。

注文が成立した後は、その通貨は手元に保持されます。

このことを、ポジションを持つといいます。

まだこの状態では、口座にはお金は入ってきません。

つまり、ポジションを保有している間はレートが動くと損益は上下し続けます。

決済とは、ポジションを解消して利益を口座に振り込んでもらうことです。

もう利益が出ているし、払い戻ししたいな」「これ以上損失を大きくしたくない」と思ったときは、決済を行います。

決済には、指定のレートに達したら自動で決済してくれる指値決済もありますよ。

参考:

証拠金維持率が基準の値とを下回ってしまった時にFX会社で強制的に決済される強制決済ロスカット)というものもあります。

約定の仕組みについて

では、約定できるまでの仕組みについて見ていきます。

成行注文の場合で見ていきます。

注文 → PC等からネット回線を経由し送信 → FX会社に到着 → FX会社で処理

こういった順番で処理がされます。

FX会社の力が弱く、相場が急激に変動してしまうと、指定の値で約定しないことがあります。

FX会社の力によって結果が変わってしまうので、FX会社の約定力といったりします。

一般的に、約定力の高いFX会社とは以下の基準を目安にします。

  • 処理能力が高いか
  • 多くのカバー先の金融機関とつながりがあるか

リスクを抑えるためにも、約定力が高いFX会社を選んで取引したいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

約定決済は全然違う意味を持っていたことが分かりましたね。

仕組みを理解しすれば、あとは知識をもとに勝ちにつなげていきましょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめのFX口座

FX口座にもよりますが、最低額5円程度から取引することが可能です。

FXで少額投資をしたい場合は、FX会社の最低取引単位に注目することが大切です。

FX取引では、レバレッジを効かせた少額取引が可能です。

例えば、レバレッジ25倍で1米ドル=100円で1万通貨を購入し、1円の為替差益が発生した場合、1万通貨×1円=1万円の利益となり、4万円の証拠金となります。

しかし、外貨預金はレバレッジをかけることができないため、この取引を行うには100万円が必要です。

FXはレバレッジをかけることができるため、少額でも取引することが可能なのです。

最近ではいろいろなFX口座があって比較してても、結局一番良いFX口座はどの口座なのかよくわからなくないですか。すべての口座を開設して試すにはあまりにも大変すぎますね。

私のおすすめは海外口座です!

初めから海外口座を利用するのは不安に感じられる方もいるかもしれませんが、日本で開設できる海外口座はほとんどの場合、日本人によるサポート環境が整っていますし英語が分からないからなどの心配はないです。

国内口座ではレバレッジは25倍ですが、海外口座では888倍や1000倍、5000倍などなのでとても効率よく稼げるようになりました。

レバレッジが大きいので、小額からでもしっかり利益が狙えます。

少額で利益を得ることができれば、リスクを抑えながら着実に利益を伸ばすことができるので初心者にもおすすめです。

さらにゼロカットシステムという仕組みがあり 証拠金以上の損失が発生しても、口座残高をゼロにリセットしてくれるため追証が発生しません。追証が発生しないということは入金した金額以上の損失は起こらないので安心です。

私のおすすめの口座は初期預託金100円($1)以上から始められるGEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールインワン口座です。

私もGEMFOREXで裁量トレードを行っています。

https://gemforex.com/media/account-opening/gemforex-account-opening/

デモ口座もありますが、FXはメンタルが重要と言われる通り実際に自分のお金でトレードすることが大事です。デモ口座では初めに少し使い方などを検証してみるのには役に立ちますがトレードの上達にはつながりません。

ですが、一度FXを体験してみたい方は利益はもらえて損失のないキャンペーンを行っている今が始めてみるチャンスです。

FXの約定の意味

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次