LINE FXでFXをはじめよう!他社との比較によるLINE FXのメリットを紹介

1 はじめに

この記事では、LINE FXについて、その特徴や魅力、他のFXアプリとの違いなどをご紹介します。

FXをやってみたいけど、どの会社がいいの?

LINE FXの名前をよく聞くけど、他の会社と何がちがうの?

こんなお悩みをお持ちの方は、この記事を読むことでLINE FXについて、スッキリと理解できます。

現在、FX業界では様々な会社がFX取引のアプリをリリースしています。

そして、それぞれのアプリによって、口座開設のしやすさ、アプリの使いやすさ、取引通貨の種類、手数料、サポート体制などに違いが出てきます。

一方で、人によって取引のスタイルが異なるため、「どのアプリが一番!」というのはなかなか判断しづらいものです。

このため、FX取引アプリを選ぶ際には、メジャーなアプリを比較して、自分の取引スタイルに合ったアプリを選択する必要があります。

「そう言われても、どのFXアプリが自分に合っているのか分からない」

という方も多いかと思います。

そこで、この記事では、LINE FXを例にとって、他のFXアプリと比較しながら、LINE FXの特徴や魅力についてわかりやすく解説していきます。

LINE FXの基礎知識を身に着けて、FX取引の世界への一歩を踏み出しましょう。

2 LINE FXの概要

最初に、LINE FXの概要をざっくりとお伝えします。

LINE FXは、2018年6月に設立されたスマホのアプリひとつで、FX取引ができるサービスです。

売買の価格差であるスプレッドがFX業界最狭水準に設定されており、また少額からの取引も可能なため、少ないコストで取引をはじめることができます。

通常のFX取引で必要となる、取引手数料、出金手数料、口座維持手数料、口座開設手数料などには全て無料となっているため、初期コストをかけず、手軽にFX取引を開始できます。

アプリの使いやすさが抜群によいことに加え、LINEならではの通知機能が充実しており、参考となる経済指標や急な価格変動通知などを、常にLINEで受け取ることができます。

AIチャットや専用フォームによる、問い合わせサポートも無料で利用できるため、FX初心者にとっても安心です。

顧客の預かり資産については、外部の銀行である三井住友銀行の信託口座にて管理されていおり、万が一、LINE FXを運営するLINE証券が破綻した場合も、顧客の資産は保証されます。

このように、LINE FXは、とても使いやすくて安心な、初心者に優しいFXアプリと言えるでしょう。

次の章では、他のFXアプリと比較しながら、LINE FXの特徴を詳しく見ていきましょう。

3 FX会社の特徴比較

現在利用可能なFX会社はたくさんあります。

ここでは、LINE FXとその他の5つの日本の主要なFX会社について、比較表によって各社の特徴を確認してみましょう。

取引手数料最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円、1通貨単位)
LINE FX無料1,000通貨230.2
外為どっとコム無料1,000通貨300.2
GMOクリック証券無料10,000通貨200.2
楽天証券 FX無料1,000通貨280.2
みんなのFX無料1,000通貨290.2
セントラル短資無料1,000通貨250.2

この比較表からわかるように、取引コストに直接影響する、取引手数料やスプレッドなどは、どこも同程度の水準に抑えられています。

最小取引単位が小さいほど、少ない資金でFXをはじめることができますが、こちらについても、GMOクリック証券を除いて、どの会社も1,000通貨となっています。

通貨ペア数については、一般的には熟練トレーダーでない限り、そこまでたくさんの通貨ペアの取引をすることはありません。

このため、日本円と主要国通貨の取引を行う、という観点からは、どの会社を選んでも大きな差はないと言えるでしょう。

このように、単にスペックを並べただけだと、多少の差こそあれ、実はどのFX会社も似たようなものだ、ということがわかります。

では、LINE FXを選ぶメリットはどこに有るのでしょうか?

4 LINE FXのメリット

LINE FXのメリットは、なんといっても、使いやすさです。

そして、LINE FXが使いやすい理由は、主に2つあります。

ひとつめは、多くの人が普段から慣れ親しんでいるLINEの使い勝手そのままで、簡単に、直感的に、FX取引ができる、という点です。

多くのFX会社は、もともとパソコン環境での取引がメインで、スマホの普及と共にスマホアプリを導入してきた、という経緯があります。

このため、パソコン環境での取引機能は充実しているけれど、初心者には使いにくかったり、スマホアプリの使い勝手が悪かったりします。

一方、LINE FXであれば、最初からスマホアプリでの取引を主眼においた設計となっており、また、誰もが使っているLINEがベースとなって、アプリが開発されています。

このため、LINE FXアプリはとてもシンプルで使いやすいく、慣れ親しんだ操作性も手伝って、だれでも簡単にFX取引がはじめられます。

LINE FXが他のFXアプリと比べて使いやすいと言える、もう一つの理由は、LINEアプリとの連携して、LINEの機能を最大限に活用できる点です。

LINE FXでは、LINEの関連アプリであるという性質を十分に活かして、重要な経済指標の発表や為替相場の急変などを、瞬時にLINE通知でお知らせしてくれます。

他のFX会社の場合、このような情報はメールで通知されるのが一般的です。

しかしながら、メールによる通知の場合、確認までに時間を要して、その間に取引のタイミングを逃してしまった、なんていうことがよくあります。

一方、LINE FXであれば、普段のLINEのコミュニケーションと同じ感覚で、リアルタイムで重要なFX関連情報を入手できるため、取引がとても有利になります。

これらの独自の特徴により、LINE FXは、特にFX初心者の方にとって、とても使いやすいアプリに仕上がっています。

5 LINE FXの留意点

使いやすさが魅力のLINE FXですが、利用にあたってはいくつか気をつけておきたい点があります。

まず、LINEアプリのダウンロードとLINEアカウントが必要です。

現状、ほとんどの人がLINEを利用していると思いますが、LINEユーザーでない方は、LINE FXを利用する前にLINEアプリをダウンロードして、アカウントを作成しましょう。

もうひとつ、覚えておいたほうがよい点は、スプレッドが時間帯によって変わる、という点です。

LINE FXでは、米ドル/円のスプレッドが0.2銭と、業界最狭水準に設定されていますが、このスプレッドが提供されるのは、午前9:00から午前3:00までとなっています。

このため、午前3:00から午前9:00までの時間に取引を行う場合、スプレッドが変動する可能性があります。

といっても、午前3:00から午前9:00までの時間に取引を行わなくてはならない状況などはほとんどないでしょうから、大きな問題にはなりません。

6 まとめ

LINE FXは、LINEアプリ由来の操作性の良さと通知機能により、とても使いやすいアプリに仕上がっています。

このため、普段からLINEを使っている方がFXのをはじめるのには、LINE FXが最適です。

当然、業界最狭水準のスプレッド、最低取引単位の低さ、必要十分な通貨ペア数といった、FX会社に求められる条件もしっかりとクリアしています。

FXに興味がある方は、慣れ親しんだLINEを活用して、LINE FXで気軽にFX取引をはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる